賃貸に全俺が泣いた
賃貸に全俺が泣いた
ホーム > 金銭問題 > 闇金から借金をしてしまった!借金の催促には時効があるの?

闇金から借金をしてしまった!借金の催促には時効があるの?

闇金自体が違法です。債務者は返済する義務はありません。したがって、催促も違法であり、時効も関係ありません。

 

一般的な消費者金融の時効であれば、5年です。5年経過していれば、催促時効のため、返済の義務が消失し、債務者は借金から開放されます。しかし、この5年という期間をそのまま鵜呑みにして、借金を帳消しにしようとするのは危険です。

 

何故なら例外があるためです。

 

債権者側が裁判所に申し立てをしている場合、時効がリセットされる事もあります。わかりやすい例では、支払督促や差し押さえです。債権者が裁判所にこういった申し立てを行うと、時効がリセットされ、判決を取られると時効が10年になります。5年から10年にのびている点がポイントです。

 

借金を時効にするため、4年逃げ切ったとしても、途中で借金がある事を債務者が認めた場合、その時点から5年時効が延びます。

 

時効になったと債務者側が意思表示する必要があります。

時効の援用です。5年経過したのみでは、時効は成立しません。内容証明などで時効成立を相手方に送付して初めて時効成立となります。

 

闇金を普通の貸金業者と見なすなら、時効は5年で構いません。闇金をどう見なすかで考えたほうが良いかもしれません。普通の貸金業者と見なすなら、上記のポイントを押さえて逃げ切れば時効となり、返済する必要は無くなります。

 

原則、違法業者ですので、督促時効関係なく、支払う必要はなしと覚えておいてください。催促時効を検討している人は、一人で逃げるのではなく、専門家に相談してから決めてください。実際に逃げるとなると、生活面で相当苦労する事になるためです。闇金の借金が返せないといった場合、よく考えて実行してください。